COLUMNコラム

車両保険は大事だよ!

皆様こんにちは。

山京株式会社です。

 

栃木県も緊急事態宣言が出され、去年に引き続き不要不急の外出自粛等を行っていくことになりました。

経済も支えなければいけない、でも、感染も拡大させてはいけない・・・ジレンマの中にいますが、自分を守る事が、家族や友人、会社の同僚を守る事につながり、ひいてはそれが日本中、世界中の人を守ることにつながっているのです。

 

皆さんは、今、世界を守るヒーローです!

 

世界中のヒーローたちと協力し、助け合い、この難局を乗り越えていきましょう!!

 

 

さて、山京コラム第7回、いままで深刻な内容が多かったので、

保険代理店の原点に戻って「車両保険の重要性」についてお話してきます。

 

「最後まで、車両をはずしちゃいかん。

 

    はずしたらそこで、補償は終了だよ・・・」

 

車両保険とは、一言で言ってしまえば「ご自分の車の補償」です。

車両保険を含まない自動車保険は、「相手への補償」を手厚くするのが通常です。

車両保険に入っていれば、お客様ご自身に過失があった事故の修理も補償してもらえます。

 

「事故があったら、相手に払ってもらえるんでしょ?」

 

もちろん、過失割合によっては修理費の一部は相手に負担してもらえます。

ですが、それ以外の費用は全て自己負担です。

 

もし、

 

事故の相手が保険に入っていなかったら?

 

なかなか支払いに応じてもらえなかったら?

 

その前に、事故の相手が逃げてしまって探し出せなかったら?

 

・・・考えるだけで、恐ろしくありませんか?

 

 

また、車両保険に入っていれば、自損や自然災害の場合にも補償が可能です。

 

【ご注意】車両保険の種類によっては自損事故の対応が出来ないものもあります。

事前に車両保険の種類をご確認ください。

 

新車や高級車の場合には、ちょっとした傷でも高額の修理費がかかります。

また免許を取ったばかりの場合には、運転ミスからの自損事故につながる可能性があります。

万が一の場合に備えて、車両保険をお勧めします。

 

また、コロナの影響に伴い、保険料が負担になっているお客様も多いと思います。

「車両保険をはずして、保険料を安くする」というご選択をされる場合には、必ず車両保険を外したデメリットをご家族様ともよく確認をされてください。

残念ながら、車両保険を外した次の日に事故や災害に巻き込まれる方もいらっしゃいますので・・・

 

車両保険を外すその前に、是非一度山京にもご相談ください。

 

 

 

季節柄、雪害への対応は大丈夫ですか?

 

万が一の備えである生命保険の補償は万全ですか?

 

何かご不明点がありましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

山京は「あなたのための保険代理店」です。

pagetop